こすったり、ポンポン叩いたり、強いマッサージは肌老化の原因に!

スキンケアしてます

スキンケアには色々な方法があって、中には自己流で間違ったスキンケアをしている方も意外と多いです。その中で間違ったケアの方法でありがちなのが、強くこする、叩く、強いマッサージをして引っぱる事です。こういった間違いケアは炎症や肌老化を進行させてしまう、一つの要因であるのだ。

こする、叩く、引っぱる事は炎症を導く

スキンケアしてますこするはクレンジングの時や洗顔の時についついやってしまいがちです。特にクレンジングはメイクが中々落ちないからと言って、ゴシゴシこすってしまいがちですよね…毎日のスキンケアのよくある4の間違いでもゴシゴシこするのは間違いであると解説をしております。

叩くは、化粧水、美容液の時にやってしまいがちです。叩いて、化粧水や美容液を付けるとお肌の奥まで、浸透すると思いやってはいないでしょうか?こういった行為はダメージがありますので、注意が必要です。

続いて、引っぱるですが、スキンケア中もしくは、スキンケア後にマッサージをすると思いますが、強くはしていないでしょうか?小顔になりたいからと言って、強くぐりぐりしたりはなるべくしない控えるようにするべしです。強くマッサージする事も、叩く行為と同じくダメージが大です。

ダメージが+される⇒炎症⇒活性酸素発生⇒肌老化が進行する

お肌が老化する原因ですが、活性酸素が大きく関係しております。活性酸素は紫外線やストレスなど色々な事で発生してしまうのですが、ダメージによりお肌に炎症を起こす事でも発生してしまいます。先ほどの、こする、叩く、強くひっぱる行為はダメージが大ですので、活性酸素が発生します。

この3つの間違いケアを今してしまっている方は、肌荒れの原因にもなりますし、お肌老化の進行を早めてしまっていますので、もししている場合はスキンケアの見直しをするようにしましょう。

自分の肌質に合っていない化粧品ももちろん気を付けよう!

こする、叩く、ひっぱるもそうですが、自分の肌質に合っていない化粧品を使うのも、炎症を引き起こしてしまう一つの要因であり、間違いスキンケアであります。気を付けたい3つのケアに加え、自分にの肌質に合っている化粧品を使ってスキンケアをするようにしていきましょう!

-スキンケア

Copyright© ダブル洗顔不要クレンジング口コミランキング〜敏感肌の方必見〜 , 2018 All Rights Reserved.