クレンジングのタイプは5種類!それぞれダメージも違いがある

クレンジングのにはそれぞれのタイプがあって、タイプによって、化粧落ちも違いがありますし、お肌へのダメージも違いがあります。クレンジングの種類は大きく分けて、5種類あります。今回は5種類の化粧落ちとダメージをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

クレンジングの5種類のタイプ

クレンジングの5種類のタイプですが、シートタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプがあります。濃いメイクをしている方のほとんどがオイルタイプのクレンジングを使っていると思います。ダメージの大きい順にランキングにしてみました。

クレンジングのタイプのダメージの大きい順ランキング

1位 シートタイプ

拭き取るだけで、簡単にメイクが落ちるので、お手軽だから、使っている方も多いはずだと思います。ですが、このシートタイプのクレンジングですが、一番お肌にダメージが大きいのです。本来は油分で落とすのですが、界面活性剤のみの力で落としますので、ダメージは一番大きいです。

敏感肌の方はなるべく使用しない事が良いでしょう。拭き取りタイプになりますので、使った後、洗い流せばいいのですが、流さない場合もありますので、界面活性剤がそのまま肌に残ってしまうのです…

2位 オイルタイプ

クレンジングの一番有名なタイプといえば、オイルクレンジングですね。今の若い女性の濃いメイクをしている方が非常に多いですので、しっかりメイクが落ちるオイルを使っている方が多いです。ですが、お肌へのダメージはかなり強いです。

良く落ちる=界面活性剤たっぷり=お肌にダメージが大きいということは忘れないでおきましょう。
オイルタイプでもお肌に優しいのも発売されているので、もし使う場合は優しいのを選ぶように!

3位 ジェルタイプ

最近の人気なクレンジングに多いのがジェルタイプですね。このジェルタイプも界面活性剤が多くて、お肌のダメージはあるのはあるのですが、オイルに比べるとまだ少ないです。ジェルタイプは色々とみていると、ダブル洗顔不要のタイプが多くみられる傾向ありです。

4位 クリームタイプ

刺激が少なくて、敏感肌の方や肌トラブルが多い方に良く使用されているのがクリームタイプです。メイク落ちはオイルやジェルタイプに比べると下がりますが、お肌には優しいクレンジングです。私がオススメしているDUOクレンジングパームもクリームタイプです。

クリームタイプはクリームタイプだからといって、すべてがお肌に優しい訳ではなく、それぞれのメーカーによって違いはもちろんありますので、迷ったらDUOを使うって感じでOK♪

5位 ミルクタイプ

一番お肌に優しいクレンジングが、ミルクタイプです。メイク落ちはあまり良くはありませんが、お肌にダメージは非常に少ないです。ですが、気を付けないといけないのが、濃いメイクをされている方でミルクタイプを使う事です。落ちがよくないからといってゴシゴシこすってしまいがちになります。

ですので、ミルクタイプを使う方は薄いメイクをされている方がいいでしょう。逆に濃いメイクで、ミルクタイプを使うとゴシゴシこすってしまいダメージが増えてしまう場合もありです。

クレンジングタイプ別ダメージランキングのまとめ

まとめ

  • クレンジングタイプによってダメージが違う
  • シートタイプのクレンジングが一番ダメージがある
  • ミルクタイプのクレンジングが一番お肌に優しい
  • 今使っているクレンジングを見直すために、それぞれのダメージをしっかり理解しておくといいと思います♪若いから全然平気♪と思ってダメージの大きいクレンジングを使いまくっていると年を取った時…お肌がさがさ…シミいっぱい…しわいっぱい…なんことあるかも知れません…泣

    オススメのクレンジングタイプは中間あたりのジェルタイプかクリームタイプです。私がオススメしているダブル洗顔不要クレンジングもジェル&クリームタイプですので、チェックしてみて下さいね♪

    ダブル洗顔不要クレンジングランキングを見る>>

    -基礎知識
    -

    Copyright© ダブル洗顔不要クレンジング口コミランキング〜敏感肌の方必見〜 , 2018 All Rights Reserved.